changing keys

オリエント楽器 社長ブログ

みゆき教室の閉鎖

こんにちは。このブログでは、楽器店の仕事の裏側も伝えたいと思っています。愚痴にならない程度に笑

オリエント楽器では現在19会場で音楽教室を展開しています。今日は、長年使用させて頂いた会場の撤収作業。5年前にヤマハミュージック豊橋店さんから引き継いだ「みゆき教室」をこの4月末で閉めさせていただくことになりました。↓住宅街にあるマンションの一階にある会場。

f:id:orientgakki:20210427073322j:image

引き継いだ時はまだ採算も取れていて、出来るだけ生徒さんを集めて、運営し続けたいと思っていましたが。コロナの影響も受け、力及ばず生徒数は減少。さらに講師さんやスタッフの効率化を考えると閉めた方が良いという決断をしました。今は収益性を踏まえて全体最適化を図るしかないのです。当センターに通う生徒さんには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、最寄りの「豊橋中央センター」への移動を提案させて頂くことになります。ご不便をおかけして、すみません。

 

音楽教室は1つの会場を作るのに初期コストがとてもかかります。特に防音と楽器の備品。ドア1枚だけでも約20万、それが部屋数分必要です。楽器はグランドピアノを入れたら150〜200万。グループレッスンではエレクトーンも生徒さん分+先生分をリースしなければなりません。新規で会場をオープンさせるには、それらをいつ回収できるのか試算するのですが、開設当初は募集のための広告宣伝費も大きくかけることになります。経営では当たり前のことですが採算の取れる時期は計画より伸びていくことも多い。

↓やっぱり悲しい撤収作業。

f:id:orientgakki:20210427210801j:image

さらに、子供の多いエリアに会場を作っても15年もすれば子供(幼児)の少ないエリアになっていきます。地域の中で子供の多いエリアは、変わっていくということです。大人にもレッスンが提供でき、生徒さんの数が減らなければその後も続けていけるのでしょうが、建物や施設の老朽化なども進み、採算も取りにくくなることが多いのも現実です。

 

でも、このエリアに音楽を普及してきたという実績は残ります。また、生徒さんは大人になり、どこかで音楽を好きでいてくれているはず(願望込み)。音楽教室はそんな側面や価値があるから、経営的に苦しくてもやりがいが大きいんです。

 

片付け後は、松山英樹が勝った時のキャディさんのように、会場に一礼して後を去ります笑。

この会場に関しては勝者ではありませんが涙。長年、ありがとうございましたm(_ _)m

リモオト、はじめました!

オリエント楽器は昨年、オンラインレッスンを新規事業化することに決め、9ヶ月間準備し、4月10日にやっとのことでサービスをリリースすることができました。パチパチ👏

↓メインキャラ。名前は、まだない。

f:id:orientgakki:20210420150044j:image

昨年の豊橋市主催ビジネスプランセミナー受講時に計画した事業で、サービス名は『リモオト〜online music school〜』。言うまでもなく「リモート」と「音」を掛け合わせた名称(商標登録申請中)。

f:id:orientgakki:20210420144115j:image

楽器店の事業としては、今後も地域と切り離すことはできませんが、Webを活用してサービス提供範囲を広げていくことは可能です。一方、地域の音楽の講師さんに仕事を提供し続ける役割も大きい。だからこそ、出来るだけ弊社の講師さんに登録して頂き、既存のレッスンにプラスして、日本全国そして世界中にレッスンを提供できる環境を用意する。地元の講師さんが将来にわたってやりがいをもてるように。まだ見ぬ未来の講師さんのためにも明るい材料だと思います。

 

とは言ってもねえ、、、という声が聞こえてきそうですが、大袈裟な話ではありませんよ^_^

弊社の元講師さんで、現在北米にお住まいの先生にも講師登録をして頂き、実際に外国人の方へレッスンを提供し始めて頂いております。このようにリモオトの生徒さんがアメリカに在籍しているという事実は、オンラインレッスンに大きな可能性があることを示しています。

 

オンラインレッスンを立ち上げる中で1番大変なのが、講師さんにシステムやノウハウを伝えること。多くの楽器店は、これができないから広げられない。でも、これは私の得意分野。私自身オンラインレッスンを受講して研究してきたので、細かいところまでよく分かっています。ということで、時間はかかりますが一人ひとり講師さんに伝えて、登録講師さんを増やしていきます!

 

今後は新型コロナウイルスに限らず、働き方の多様化、様々な事情で対面の音楽レッスンに通えない方も多い。都合に合わせて質の高いオンラインレッスンを提供できれば、もっと楽器が上手くなる、音楽を楽しめる!はずです。笑

 

あとは生徒さんのやる気も必要だけど。笑笑

リモオトホームページはこちらからご確認頂けます〜。

https://www.remo-oto.com

 

節目のコンサート&ライブ

先週末は、私としては節目のイベントや出来事がたくさんありました。

日曜日には、オリエント楽器創業45周年記念事業「オリエンナーレ」のフィナーレとして西村由紀江さんをお招きしてピアノソロコンサートを開催しました。心のこもったピアノ曲の数々。東日本大震災から10年、音楽の力を感じられたご自身のエピソードと共に演奏された場面では、私も涙が溢れました。

前日土曜日の夜には、ピアニスト金益研二さん&バイオリニスト西垣恵弾さんのライブで、ブッキング等の協力をさせて頂きました。

f:id:orientgakki:20210414090659j:image

金益さんは日本屈指のタンゴピアニストで、豊橋出身のバイオリニスト西垣さんにご紹介頂いた方です。ブエノスアイレス仕込みのラテンやタンゴのリズムとノリ、繊細なコードワークでメロメロでした。で、お酒を一緒に。私自身が最高の癒しの時間を過ごさせて頂きました。

金益さんはアレンジャーとしてもご活躍で、楽譜もヤマハより販売されています。今後子供向けの企画も考えたいところです。

f:id:orientgakki:20210414091033j:image

写真は最後のお見送りの場面(豊橋駅のストリートピアノ前にて)。

f:id:orientgakki:20210412132434j:image

ピアノの音をライブで聴くのは、やっぱりいいなぁと毎回思います。言葉では伝えられないことが伝わるし、また心が動く。その音楽を聴いたあとは、いいエネルギーが生まれて多くの人が前向きになれると思うんですよね。

ホラーとか後味の悪い映画みたいなことは、ない笑

節目のイベントを終え、また次なる目標に向かって始動していきます。アーティストの皆様、ありがとうございました!

生徒さんの活躍

弊社ではさまざまな音楽のレッスンを行なっており、多くの生徒さんにお通い頂いております。

中でも、もちろんヤマハ音楽教室で育った生徒さんは多く活躍を見せてくれていますが、今回は新たな嬉しいニュースが。

オリエント楽器の歌の生徒さんで、豊橋市の小学校5年生樽谷美花(たるやみはな)さんが、テレビ東京の人気番組「カラオケバトル」に出演されます!!視ていただけると嬉しいです!

テレビ東京
THEカラオケ★バトル
「U-12 春の新人頂上決戦」
放送日時:4月11日(日) 夜6時30分~9時00分
https://www.tv-tokyo.co.jp/kb/next/

 

ここからは演奏を機械で採点するのが、気になるって話。点数審査は機械によるもので、将来にわたって更にAI的な審査になっていくのかなぁ。

高得点を出している人は確かに上手い。けど、人に伝わる力とカラオケの点数は異なると思う。まぁ、人による審査は、好き嫌いが出たりするから一長一短はあるけど、それが人間ってものだしねぇ。あと、機械に評価されたくて生きてるわけではなくで、人に認めてもらえるから嬉しいと思うんだよねぇ。

ということで、機械の点数がすごい=人に認めてもらえる、っていう世界になりませんように。もちろん樽谷さんには頑張って欲しいのだけど!

動画の音のクオリティ

先週末は幼児の生徒さんたちの「はじめてのソロステージ」を開催しました!

コロナ対策で入場者数を制限したこともあり、演奏会としては始めて配信することになりました。ですが、リアルタイム配信ではなく、収録して後日配信というスタイルで(生徒さんだけの限定配信)。

動画を作るなら、楽器店として何に拘るか?音でしょっ!

ということで、今回はZOOM社のQ8というビデオレコーダーを使用。映像よりは音質重視ということでこのレコーダーを選定。

f:id:orientgakki:20210321222017j:image

ZOOMは家電メーカーではないためカメラ性能は劣るものの、集音性能や音質はクオリティが高く、マイクの拡張性も充実。この値段でレベルの高い良い音を残せる、音のアルバムを作るイメージであれば、選択肢として大ありです。良い音の動画データ(MOVファイル)がオールインワンで作成できる機材として、配信初心者の強い味方になるはず。

私は職業病で?動画ならば映像より音を重視してしまいます。オンラインレッスンでも、映像がなくても音だけでレッスンできると思えるくらい。笑

映像も音もハイクオリティにお届けしたいと思いますが、予算もありますし、操作や編集のスキルの問題、また何を重視するかを考えて機材や配信方法を選定したいですよね。

今回は収録後に動画編集して後日限定公開を行いますが、これは品質を確保するためでもあります。リアルタイムでのライブ配信は、回線の状況により、音もブツ切れになってしまうこともあります。品質を保ちながらリスクをいかに減らせるかが重要なため、そこをクリアできないうちは後日配信が安心です。

ビデオチャットサービスのZOOM(前述の機材メーカーとは違う!ややこしい笑)を使ったリアルタイム配信は既に行なっていますが、行事によってはYoutubeライブ配信もいずれチャレンジしていきたいと思っています。

今週も頑張りましょう♪

デジタル化に気遣いを+できるか

コロナショックによる仕事の変化は大きいですよね。どの会社も出来る限り事務的なものはデジタル化など変化していく方向で動いていると思います。

私達が運営している東三河PTCピアノコンクールも同じく、開催するならば出来るだけ皆さんの安全を確保したいと考え、様々な変更をして開催しました。

f:id:orientgakki:20210315072529j:image

毎年行われていた方法を変更すること、お客様は今までと勝手が違うことになります。今回、変更点についての問い合わせを多く頂いてしまいました。お客様へのご案内が不足していたということです。

仕事を変えていくこと自体は簡単ですが、変更された後のお客様目線を忘れてはいけませんよね。さらに気遣いをプラスして誰からも良い方向に変わったと思えるような変化を目指したいものです。

今回はその視点が薄く、課題が多くあったので(まだ全ての業務が終了している訳ではありませんが)、来年のコンクールに向けて改善し、記念すべき第30回を迎えたいと思います。

 

何はともあれ、昨年できなかったコンクールを開催でき、207名の弾くピアノの音がホール全体に響き渡り、日常が戻ってきたことは大変嬉しいことです。

出演者や保護者様、そして日頃から指導してみえる講師の皆様に改めて感謝申し上げます。

コラムを読んでいる皆さんにも感謝です。いつもありがとうございます!

新メニュー登場!

こんにちは。

以前にブルースハーモニカのレッスンがスタートしたことをお伝えしましたが、オリエント楽器ではこの春、更に習える楽器の数が増えることになりました。

 

それは!

なんと!

アフリカ系打楽器の!

ジャンべ(ジェンベ)!

f:id:orientgakki:20210308090347j:image

楽器の名前を聞くだけで楽しそうでしょ?笑

そもそも耳がある生物は、音に反応する性質を持っています(ざっくり説明)。

だからこそ、リズムがなっていれば誰でも自然に身体が動くはずなんです。笑

そして、みんなで楽器を叩いて同じリズムや時間を共有すれば、笑顔が広がって言葉のないコミュニケーションが生まれる。開講前ですが勝手にイメージが先行します。笑

 

弊社の中で新しくコースが増えるということは、新しい講師さんが増えるということ。講師さんは、アフリカのギニアや鹿児島県三島村で本場のジャンベに触れ、その魅力を多くの人に伝えたいという思いでいらっしゃいます。

 

講師さんとして音楽の個性を活かして頂きたい思いもありますし、その先にも今までは縁のなかった新しい生徒さんと繋がっていけることも私たちにとって大切なこと。少しずつですが、「教えたい(広めたい)」と「習いたい」という双方を繋ぐ役割を担いたい。

 

ジャンベを叩いてハッピーに!

4月に体験レッスン、5月開講を予定していますのでお楽しみに〜(自分も体験してみよっかな)。